これからの時代、必須になる電子カルテ

夜勤専従看護師 > 夜勤専従看護師の求人にある電子カルテとは?

夜勤専従看護師の求人にある電子カルテとは?

看護師の求人を募集しているサイトで、募集要項に電子カルテがあるということを、掲載している求人が最近良く目にするかと思います。
夜勤専従看護師の転職に重要なポイント

電子カルテとは、今、厚生労働省が全国の医療の現場へ、積極的に導入しようとしているものです。 では、この電子カルテとはどのようなものなのか、電子カルテが導入されていることで、どんなメリットがあるのかご紹介します。

まず、電子カルテとは、文字通り紙製のカルテを電子化したものです。カルテとは、診断の内容や検査結果、処置方法、そして薬の記録など、患者さんの診療や病歴に関して記録されているものです。

カルテだけでなく、日頃の医療現場において、事故につながりかねないようなことが起きた時に記録する、インシデントレポートも電子化している施設も増えてきているようです。 医療技術だけでなく、このような記録の部分も時代の流れに乗っているのです。

では、カルテを電子化するメリットについてご紹介します。 電子化において、一番のメリットは、やはりデータの共有がしやすくなっているということです。 また、文字だけでなく、画像も記録できるので、より簡単にわかりやすくデータをまとめることもできるのです。

そして、電子カルテが導入されることで、インシデントレポートや医療ミスなどの情報についても、データを共有すれば簡単に伝えることもできるので、注意喚起などがより広い範囲に広めることができます。 これは医療事故を防止するというメリットにもつながります。

他にも、医療ではありませんが、会計などの事務処理がより効率的になったり、カルテを探したり整理するために時間を費やす必要も、無くなったので残業を減らすことにもつながります。

また、紙製の場合は、膨大なカルテを保存しないといけないため、かさばりますし、何回も参照にしていれば劣化もします。電子カルテなら、機械に全て保存されているので、かさばりませんし、劣化をすることもありません。

ただし、パソコンやスマートフォンなど、新しい機器を操作することに抵抗のある人には、逆に効率が下がってしまう可能性もあります。特に抵抗が無く、普段からよくパソコンなどを操作しているのなら、問題は無いでしょう。

そして、電子カルテを取り扱った経験は、転職の際に有利になることもあります。電子カルテは今どんどん医療の現場に広まっています。技術を身につけるのには、文字が打てるということと、エクセルやワードなどの基本的な操作ができる程度で大丈夫ですが、やはりなかなか使いこなせない人もいます。

一度経験してしまえば、どこに行っても通用しますので、特に国立の病院や大学病院、総合病院など規模の大きい病院は、電子カルテが基本となってきました。もしも、規模の大きな病院で看護師として勤務したいと希望しているのならば、是非一度経験してみるべきでしょう。

外来看護師に転職する前にチェックしよう

外来は基本的に日勤だけですので、夜勤がない分結構人気のある職場です。 しかし、外来は勤務する病院によって、仕事内容はかなり変わります。 たとえ同じ外来に勤務したとしても、違いは必ずありますので、そこを理解した上で求人を選びましょう。

まずは、外来の分け方について知る必要があります。病院によって外来の分け方はさまざまで、内科と外科と大きくくくっている病院もあれば、大学病院のように診療科ごとに細かく分けられていることもあります。

もしも専門知識やスキルを磨きたいのならば、希望の専門外来のある病院がおすすめです。 専門外来があれば、その診療科で活かせる資格を取得することが可能ですし、知識も増えていきます。 もちろん、特にこだわりは無いという人でも、外来で勤務することは可能です。

また、外来での勤務の場合、担当する診療科が固定でないこともあります。基本的には固定のところが多いと思いますが、中にはローテーションで定期的に変わる病院もあるのです。 ローテーションなのか固定なのかは、求人表ではわからない場合が多いので、ここはきちんと確認するべき点だと思います!

そして、他にも確認するべき点はいくつもあります。 救急指定病院を担っている場合は、お盆やお正月に関わらず24時間体制で急患を受け入れています。 小規模であろうと、夜勤に出られることが必須条件であることもあります。

夜勤を避けたい、日勤だけが良いという人にとっては、とても重要なポイントですので、必ず確認しましょう。他には、診療は予約制なのか、午前と午後で変わるのかなども確認しましょう。予約制ではない病院の方が多いと思いますが、予約制ですとどれくらい患者さんが来るのか把握できますので、1日の仕事の予定が立てやすいと思います。

予約制でない病院でも、午後は検査予定の患者さんや、急患のみの場合もあります。 他の確認事項よりも、優先度は低くなると思いますが、確認して損は無いでしょう。

ここで紹介したポイントは、求人表だけでは確認できないことが多くあります。 細かく職場について確認したい、比較したいと思うのなら、是非転職支援サイトを利用してみましょう。 専門のコンサルタントが色々教えてくれるので、転職で失敗することも少なくなると思いますよ。